ブログ

  • 2019.06.25

ウェディングドレスはレンタルor購入?価格やメリットを解説!

こんにちは!大切なドレス選びをお手伝いする「ブライダルハウスTUTU」です。

 

ウェディングドレスは花嫁の憧れ♡

お気に入りのウェディングドレスを身に着けて結婚式を挙げたいものです。

 

ウェディングドレスは「レンタル」と「購入」の2つの選択肢があります。

今回はウェディングドレスをレンタルした場合と購入した場合それぞれのメリット、デメリット、費用の相場などをご紹介します。

 

 

ウェディングドレス、レンタルと購入それぞれのメリット・デメリット

ウェディングドレスはドレスショップからレンタルするか、自分だけのドレスを購入するか、主にこの2つの選択肢があります。

現在はレンタルが主流ですが、購入したウェディングドレスを着て結婚式を挙げる方もいます。

レンタルと購入、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

 

 

レンタルのメリット・デメリット

ウェディングドレスをレンタルするメリットは、高額・高品質なドレスがリーズナブルに借りられることです。

購入するには高価な有名ブランドのドレスも、レンタルなら手が届くかもしれません。

 

現在ウェディングドレスはレンタルが主流のため、種類も豊富でたくさんのドレスの中から好みの一着を選ぶことができます。

結婚式場の提携ドレスショップでレンタルをすることで、割引が適用される場合もありますよ。

着用後は返却をするので、ドレスの保管場所やクリー二ングの手配なども不要で楽チンです。

 

一方、人気が高いドレスは他の花嫁と被ってしまい「予約ができない!」という可能性もあります。

レンタルの場合、人気が高いドレスは早めの予約をおすすめします。

提携店以外のドレスショップでレンタルした場合は、レンタル料以外にドレスの持ち込み料がかかる場合があり、万が一ドレスを汚してしまった時などはクリーニング代を請求される可能性があります。

 

購入のメリット・デメリット

ウェディングドレスを購入すると自分だけのドレスになるので愛着がわきますし、オーダードレスを購入するなら、自分の好みや体型にぴったり合ったドレスにすることができます。

 

中古ドレスから有名ブランドドレスまで値段は幅が広いため、例えば海外挙式、国内披露宴、二次会など、複数回着用する予定があるのなら、購入してしまった方がお得になる場合もあります。

リゾートウェディングで砂浜や森など屋外での挙式でも、レンタルではないので汚れなど気を使わずに着用することができますね。

 

購入の場合のデメリットはやはり価格

中古ドレスを含めると10万円以下のリーズナブルなドレスもありますが、素材やデザインなどにこだわるほどに価格がアップするのが一般的です。

有名ブランドドレスやフルオーダードレスなどは数十万円~となることも珍しくありません。

 

また、レンタルだと含まれている小物(アクセサリー・ベール・グローブ・靴・パニエなど)も、購入の場合は別途必要です。

持ち込み料がかかってしまうかもしれないので、事前に式場へ確認しましょう。

 

ネットでの購入は試着が出来ないことが、大きなデメリットであり注意点でもあります。

「サイズが合わなかった」「イメージしていたドレスと違う」といったリスクが高くなります。

 

購入した場合は結婚式後の保管場所の確保が必要で、かさばるドレスを自宅で保管する場所がなく困ってしまう方もいるようです。

 

 

ウェディングドレスのレンタルと購入の価格相場

先輩花嫁たちはウェディングドレスのレンタル、購入にどのくらいの費用をかけているのでしょうか。

 

レンタルの場合、ボリュームゾーンは20万円前半から30万円程度で、国内ブランドのウェディングドレスはこの価格帯の中で選べるものが多いようです。

さらに素材やデザインにこだわっていくと20万後半から35万円程度、インポートドレスを選びたい場合は30万円~40万円程度……とレンタル価格が上がっていく傾向にあります。

特にインポートドレスは1点ものでオシャレなデザインも多く、人気が高いです。

 

購入する場合の価格帯はかなり幅が広いため、探す時間に余裕があればこだわりの一着をリーズナブルに手に入れることができる可能性も!

中古ドレスなら10万円以下で購入できるものもありますし、あらかじめ決められた素材やデザインの中から選んで作るセミオーダーなら、レンタルとそう変わらない価格で購入することもできます。

有名ブランドドレスやフルオーダーなど、こだわればこだわるほど価格は高くなり、ドレスによっては数十万円~100万円!という場合もあるでしょう。

また、ドレスに合わせた小物(アクセサリー・ベール・グローブ・靴・パニエなど)も別途必要ですので、その分も合わせて予算を考える必要があります。

 

 

ウェディングドレスを購入した場合は結婚式後どうする?

ウェディングドレスを購入した場合、その後ドレスはこんな風に活用しているようです。

・思い出としてとっておく

・シンプルなドレスにリメイクし、パーティーなどで着用する

・子供用のドレスにリメイクし、お宮参りや七五三などで子供に着用させる

・娘が結婚する際、結婚式で娘に着用してもらう

 

長期間保管する場合は、かさばるドレスの保管場所も悩みの種の一つです。

きちんとクリーニングをして湿度管理をしながら保管しないと、長期間の保管で汚れやシミが浮き出てきたり、カビが生えてしまうなんてことも。

真空パックで長期間保管してくれる専門サービスを提供する業者も登場しています。

 

なかにはドレス買取業者やネットオークション、フリマアプリなどを利用して売却される方もいるようです。

 

 

ウェディングドレスはレンタルか購入か、ご自分に合った選択を

ウェディングドレスはレンタルと購入の2つの選択肢があります。

豊富なデザインの中から高品質なドレスをリーズナブルに借りることができるのがレンタルのメリット。

現在はレンタルが主流なので、種類豊富なラインナップの中からお気に入りを選ぶことができます。

人気のドレスは予約が集中する可能性があるので、早めの予約をおすすめします。

 

一方、購入した場合は自分だけのお気に入りのウェディングドレスで結婚式を挙げることができますね。

注意点は価格帯の幅が大きいこと。

素材やデザイン、ブランドにこだわればこだわるほど価格が高くなり、ドレスに合わせた小物も別途必要となります。

 

ウェディングドレスを購入した場合、子供のお宮参りや七五三のドレスにリメイクしたり、自分の娘が結婚するときに着てもらったりする方もいます。

長期間の保管には保管場所や管理などに気を遣う必要もあるので、事前に考えておきましょう。

 

ウェディングドレスのレンタルはTUTUへご相談ください♪

選りすぐりのコレクションをご用意し、ドレス選びから試着、ウェディングアイテムを含めたトータルコーディネートなど、心を込めてお手伝いいたします。

 

運命の一着に出会うために

サイトに掲載されているドレス以外にも常時1,000着以上のドレスをご用意しております。
最新のドレスカタログや全国の各サロンでご案内しておりますので、お問い合わせください。
あなただけの運命の一着を見つけてください。

最寄りのサロンを探す 来店予約・資料請求

TUTUsPoints