Kimono 01

千代見草に鶴

千代見草とは、菊の別名であり、松の別名でもあります。
優雅に舞う鶴と生命力あふれる松、そして愛らしく菊が咲き誇る様を描き上げました。
吉祥文様である亀甲文の中に、節ごとの柄を施し華やかに咲き誇る花々とその中を悠々と飛翔する鶴は、花嫁様に末長い幸せを運ぶかのようです。
色彩を豊かに使用した西陣織の衣裳は、花嫁様の晴れ舞台をいっそう華やかに彩ります。

掲載以外にも多数の衣裳を全国のサロンでご用意しております。
店舗によって、デザインや色をオリジナルへ変更している場合がございます。 画像と若干異なる可能性もございますので、詳細は店舗までお問い合わせください。

取り扱い店舗
福岡
ご来店予約・お問合せはお気軽に

この着物を見た人はこんな着物も見ています